推しへのプレゼントについてのお題つくってみた

推しの4月の舞台の東京公演が死んだ!!!!

覚悟はしてたけどやっぱり悲しいしやるせないですね…。

私が行けないことに対しては、まあ、しょうがないよな…ってなるんですけど、推しからのツイートで涙腺死にました。

やりたかったよね、悔しいよね、つらいね…。

コロナ殺菌しようね…。

 

ということで!!みんなひまでしょ!!!!!(煽るな)

最近お手紙についてのお題が流行って、私もやって、推し事へのモチベが少しだけ上がったし、推しくん好き好き!って改めてなったので似たようなお題作ってみました。

きっと、お手紙と同じくらい人にどうしてるか聞きにくいアレについて。

そう、プレですね。

役者によって、事務所によって、はたまた公演によっていろいろ制限があったり事情が違ったりするから難しいプレ。

最初は手探りでドキドキしながらプレボにつっこんだプレ(甘党談)

初心者から贈り慣れてる人まで、いろんな意見聞いてみたいなあって思ったので作ってみました。

 

まるまんま使ってもらわなくても大丈夫です。

お好きに削ったり、付け足したり、好きなように使ってください。

もちろん若手俳優のオタクじゃない別界隈さんもぜひ!!

暇つぶしにでもぽちぽち~っとしてくださいませ。

 

以下お題ととりあえずざっくりとした解説です。

私もやりたいんですが、接客業地方民甘党は自粛とか関係なく通常通り仕事なのでまた今度やります!

とりあえずみんなやって!楽しんで!

 

お題「推しへのプレゼントについてのお題」

 

●プレをあげるタイミングは?

ー誕生日などの特別な日のみ、現場行くたび、気分で、などプレを贈るタイミングについてです。
 

●初めてのプレゼントは?

-いつあげた?何きっかけで?何あげた?など、書ける範囲で初めてのプレに関してのエピソードを。
 

●何をあげることが多いですか?

-布、消耗品、電化製品、等、ざっくりでも細かくでも!
 

●プレの予算は?

-普段はこれくらい、上限はここまでって決めてる、などプレゼントに対する予算について。
 

●プレを渡す手段は?

-プレボ、郵送、手渡し、等推しにどうやってプレを贈ってるか教えてください。
 

●ラッピングどうしてる?

-お店のラッピングのまま、自分でラッピングし直す、など。何かこだわりがあればそれも併せてどうぞ!
 

●プレの購入手段は?

ー店へ直接買いに行く、行きつけのお店がある、通販で、自作、などプレを入手するのはどういう手段が多いですか?
 

●プレを用意するタイミングは?

-プレ渡す何日前から準備を始めますか?

 

●プレについての事務所NGはある?

-ある?
 

●プレを選ぶ理由は?

-自分の好み、推しが好きそう、など、プレをチョイスする理由として多いものをどうぞ。
 

●プレについて何かこだわりはある?

-毎回同じブランドであげる、布しかあげない、推しの好み100%で選ぶ、など、何かこだわりがあれば!
 

●プレが自分からだと分かるように工夫してますか?

ーしてますか?していたとしたらそれはどういう風に?
 

●推しにプレを使ってもらったことはある?

-使ってくれる人と使ってくれない人がいると思うので、使ってくれたことがあれば!詳しく書けるなら詳しく聞きたいです!
 

●推しにプレについて言及したことある?

接触で直接などの手段、「使ってくれてありがとう」「使ってる?」などどんなことをどういう風に言及したのかどうぞ。
 

●プレに関して今までで一番嬉しかったことは?

-あげてすぐ使ってくれた、推しから直接言及があった、などプレ選びから推しの手に渡るまでで嬉しかったことがあれば。
 

●今までで一番思い入れのあるプレは?

-どんなプレを渡したのか、具体的に言えなくてもどうしてそれが思い入れがあるのか、語ってください
 

●プレに関しての失敗談

ー通販で買ったらサイズミスった、無知すぎて今考えたら有り得ないものを贈ってしまった、など今でも心残りになっていることがあれば。
 

●プレについて気を付けてること

ープレボには絶対入れない、とか、こういう風にして同担と被らないよう心掛けてる、とか、何かあれば!
 

●プレについて今悩んでいることは?

-あげたいものがない、あげすぎてレパートリーがなくなってきた、推しが使ってくれない、など、なかなか相談しづらい悩みをぶちまけてください
 

●あなたがプレを贈る理由は?

-好きだから、推しを自分色に仕立て上げたい、など、どうしてプレを贈るのか、贈ること自体への理由を聞きたいです
 

●あなたにとってプレとは?

-なに?お好きにプレへの想いを語ってください!
 
 
以下コピペ用です。
 

 

 
 
すごいざっとしたお題ですみません。
よかったら使ってください。
というかやって~!
みなさんのプレ話聞きたい~!
私も仕事が落ち着いたらやります。
 
コロナころす!!!!
では!!! 

推しへのお手紙についての質問やってみた

お題「推しへのお手紙についての質問」

こんにちは!コロナはよ終息して!

言葉にこそしないけど、推しは定期的にSNS更新してくれるのでそのたびに安心してます。お仕事がんばってね。

 

流行りには乗りたいよね。

久しぶりにこういうお題系やってみたいと思います。

以前似たようなお題答えたと思うんですけど、あれから自分の中でお手紙の書き方も確立してきたし自分の中での整理も兼ねて。

 

inthebox.hatenablog.jp

 

お借りしました!さっそくいってみよ!

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

◎初めての手紙を書くきっかけは何でしたか?

ファンレターとしてならこの界隈に戻ってきたのが最初かな…

プレと手紙つっこむ文化があると聞いて、推しキャラをとても素敵に演じてくれてありがとう!という想いを伝えたくて書きました。


◎手紙を書くのはどんなときですか?

推しの現場に遠征する初日ですかね。

前の現場の感想からお手紙出す日までにあったお仕事の感想をまとめて。

多ステするとしても毎日は書かないしマチソワ間でも書かないな。


◎推し以外の人に書くことはありますか?それはどんな時ですか?

推しの現場以外ほぼ行かないし、今は推しへのお手紙に時間と生命力を削って書くので精一杯です…。

以前は共演者やMCの方にもメッセージカード的なものを書いたこともありましたね。

推しと素敵な時間を過ごしてくれてありがとうという意味も込めて。


◎今まで何通書きましたか?また1年でどのくらい書きますか?

何通だろ!?数えたことないから分かんないけど、月1,2回/年って考えたら年間10通以上は出してるんですかね…


◎どういう方法で出しますか?

プレボ一択。

でも今月初めて郵送しようとしてます。現場ないし。


◎下書きは作成しますか?する場合どのように作成しますか?

します。evernote使ってます。

外出中暇なときにもスマホから書けるし、家でPCからでも入力できるし、仕事中暇な時間使っても書けるし(仕事して)


◎便箋何枚くらい書きますか?また便箋はどのようなものですか?

4~8枚…いつも多くてごめんなさい推し…。

便箋は毎回自作です。ワードでデザインしてA5サイズに印刷してます。

だから好きなだけ印刷して好きなだけ書けるんです(ダメ)


◎便箋や封筒、筆記具などへのこだわりはありますか?

便箋:上でも書いたように毎回自作。気分が乗ったときにデザイン変えますが、だいたいひとつのデザインで数回は使いまわします。

封筒:市販の無地の封筒に宛て名シール貼ってます。

筆記具:SARASAの紺色。書きやすくて好きなのと、黒よりちょっと柔らかく見えるかなって印象があります。私が。


◎誤字はどうしてますか?

修正テープ使ってます。

なんかよく勢い余って前後の漢字くっつけた創作漢字作っちゃう…。


◎どんなときに文章を考えますか?

現場の5日前くらいから下書き始めます。

時間的なこだわりはあまりないかも…。


◎文章はどうやって組み立てますか?

前お手紙出してから下書きする日までにあったお仕事を一旦メモに書き出して、さらにそれの主に書きたいことを書き出して、時系列にそれぞれの感想を書いていきます。


◎文章の作成において大事にしていることやこだわりは何ですか?

『あくまで自分はファン』ということを忘れない。

フランクに書きすぎない。

自分語りはできるだけしない。

オタク的な用語を使わない。

見てない・行けてない仕事に関しては一切触れない。

 

あと『推しと”会う”』って単語は使わないようにしてます。

接触でも『お話できる機会』とかにしてるし、舞台なんか特にこっちが勝手に行ってるだけで向こうが自分の存在に気付いてないことの方が多いだろうから『会う』ってのは違うよなあとか思って『○○くんのお芝居観られるのが嬉しいです』的な。

別に悪いことじゃないと思うし、細かいな自分って思うけど、ただ個人的に。

 

結構神経使ってますね。


◎手紙の内容はどんな雰囲気ですか?

好き好き度120%の感想文


◎書かないようにしていることはありますか?

推しに対して否定的なこと。

自分のこと。


◎ダメ出しなど、何か指摘することはありますか?

しない!!絶対しない!!

推し事なんてこっちが勝手にやってることなので、それなのに「傷つきました」「あれはどうかと思います」なんか言えない。

推しの人間性で嫌なところがあれば降りればいいし、仕事の良し悪しは推しじゃなくて然るべきところに出すべきだし、芝居に関しての指摘なんてど素人の私が口出しすることじゃないし…。

ファンレターだもん…読んで推しのプラスになることしか書きたくないです。

もし本当に嫌なことがあったら絶対触れない。触れないという意思表示をします。

それを察してくれるかどうかはしらんけど。


◎便箋一枚目の最初に「○○さんへ」「Dear ○○」など書きますか?

「○○様」と書きます。


◎手紙では推しを何と呼んでいますか?

苗字+くん


◎手紙本文の最初で名乗りますか?

名乗らないな!!手紙の最初で名乗るという発想がありませんでした。


◎手紙本文は敬語ですか?

もちろん敬語です。

友達じゃねえので。


◎封筒の宛名で相手の名前や宛先以外に書いていることはありますか?

自分の名前くらい…?

中身の方に書いた日付を書いてるので封筒の方には書いてないですね…。

でもいろんな方のこのお題見て、封筒の方にも書こうかなって思うようになりました。


◎自分の住所は書きますか?

書きます。

万が一私が何らかの理由でブラックリスト入りしてしまったときにはじきやすいようにと思って始めました(笑)

あとどこの誰からって分かってた方が安心かなと。


◎自分に関することを書くことはありますか?

ほぼほぼないな~。

話の流れで「私も○○したことありますが~」とかは書くけど、自分の近況を事細かに、みたいなのはない。


◎本文最後に自分の名前以外に書いていることはありますか?

ないです。

日付は全便箋のページ数と一緒に書いてる。


◎書き出しや締めに使うお決まりの言葉や文章はありますか?

お決まりの言葉なんかはないけど、毎回時候の挨拶で始まり終わります。

あとご自愛ください言いがち。


◎取りかかりから完成までどれくらいかかりますか?

最短2日、最長5日くらい。

下書きに1日以上、便箋準備と清書を1日でって感じです。


◎完成するのは出す日のどれくらい前ですか?

現場の前日。


◎手紙を書きながら予定していたより文章が増えることはありますか?

増える増える…(笑)

「あ、あれ書いてなかった」とか「この文章繋げ方変だから付け足そう」とか。


◎清書して便箋などのスペースが思いのほか余ったときはどうしてますか?

なんもしてないです。

最終ページが3行くらいで終わってもそのまま。


◎下書きや手紙の文章は残しておきますか?またそれを読み返すことはありますか?

残します。

「前どこまで書いたっけ」とか「この話題前も出したような」って確認します。

下書き通りに書いた試しがないので、清書分に関してはiphoneのメモ帳で写真撮って残しときます。


◎手紙の中に好きという単語はどれくらい出てきますか?

めっちゃ出てくる。

「あの芝居が好きだった」「推しのこういうところが好きです」「推しのことが好きで幸せです」みたいな…。

ちゃんと理由を添えて、思考を停止した『好き』は書かないようにしてます。


◎手紙を書く上での悩みはありますか?

長くなることくらいかな…。

あと筆圧が強いので手首が毎回死にかける。


◎手紙を書き続けて変わったことはありますか?

「私推しのこういう所が好きなんだ」っていうのを明確に持てるようになったことですかね。

推しが発信してくれるものをただ受動的に受け止めることもなくなりました。

ちゃんと私が感じたものを推しに伝えたいなって思うようになったので。

あと推しと時間を重ねることが増えたことによって、「これ書いたらどう思うかな…」「重く感じないかな…」とか推しの機嫌を窺いながら書くことはなくなったかもしれないです。


◎手紙を通して一番伝えたいことは何ですか?

『私からはこう見えているよ』ということ。

意外と自分に自信がないというか、不安に思うこともあるような推しなので、「あなたはこう見えているよ」「(芝居でも本人のことでも)こういう所が大好きだよ」と言うことで、多少なりとも推しの自信に繋がってくれればいいな、なんて烏滸がましくも思ってます。


◎手紙について推しから何か反応を貰ったことはありますか?

ある。いろいろと。


◎手紙に関する事件があったら教えてください。

謎に手紙と本人が一致されていたことですよね!!なんで!?未だになぜ一致したのか分かってない…。

最初は手紙認知されたことによって悩んだこともあったけど、今は開き直ってます。

むしろ認知されたことによって書けることも増えたので今では嬉しいなあって気持ちしかないです。


◎あなたにとってお手紙とは何ですか?

『好きの押しつけ』

勝手だと思うんですよ、感想伝えるにしたって好きを伝えるにしたって。

私はあの芝居がこう見えて好きだったよって伝えても、推しにとっては全然そんな意図なかったりするかもしれないし。それは推し本人のことに関してもそう。

でも推しは『役者』で、この手紙は『私というオタク』からの、ラブレターではなくファンレターなので。

いちファンからの『好き』を『役者としての推し』が存在するための道具として使ってくれたらいいなあって思って書いてます。


◎推しへの手紙について語りたいことがあればご自由にどうぞ。

いつもいつも長いお手紙読んでくれてありがとう推し…。

手紙好きだって大事だって言ってくれる推しで本当に幸せだなあって思います。

これからも『好き』だけいっぱい伝えさせてください。

 

 

 -----------------------------------------------------------------------------

 

楽しかった!ご提供ありがとうございました!

 

手紙のことでもなんでも、なんか聞きたいことあれば!

marshmallow-qa.com

 

 

 

 

 

推しの現場がないので

甘党です。オタクの皆さまお疲れ様です。本当に。

地元でもついに発症者が出たようで、だんだんと他人事じゃなくなってるはずなんですが全然他人事のようにしか思えません。

貧弱オタクはこの時期になると毎年感染対策はしてるしね…。

でも周りのオタクたちが推しに会えなくてしょんぼりしているのを見るとこっちまでしょんぼりしてしまうから早くコロナ滅亡して。頼むわ。

 

でもなんかしょんぼりし続けるのって嫌じゃん?

きっと私は元々今月推しの現場が奇跡的になかったからだと思うんですけど「なんか楽しいことしよ」って思ったので自分磨きすることにしました(?)

どっか行くにもこの状況だから出掛けたくないし、そもそも推しの舞台のチケット行きたい公演全部取れてて支払してきた直後なので金ないし、金掛けずになんか推し事に直結できそうなこと…って考えて自分磨きになりました。

 

なんとなくこの前自分のブログ始めた頃の記事とか読み返してみたんですよ。

1年半前とかなのかな。当たり前に当時に比べて、推し事や推しに対する姿勢が変わったなあって思ったんですけど、やっぱり変わってない事もあって。

一番は『推しの好きな女になりたい』*1ってことですね。

ただ当時とは意味が少し違ってて。

ここに書いてある通りリアコじゃないんですよ、当時から。

まあリアコって定義いろいろあると思うんですけど、私の定義ではリアコではない。

多分この記事書いてたときは「推しに好かれたくて」って意味が強かったと思うし、今でもまあそれはあるけど、どちらかというと今は『推しが好きなオタクであり続けたい』って意味の方が強いかなあと思います。女→オタクになった。

「好かれたい」ってだけなら好かれてる自負はあります、オタクとしてね。

推しは自分のオタク大好きだし、去年1年で推しとたくさん言葉を交わしてそう思えるようになりました。

自分に自信がないオタクなのでオキニだとかはどうでもいいし自分がその位置にいられるなんて思わないけど、「私なんてその他有象無象と一緒だよ」と自分を蔑ろにすることって推しに対する侮辱とも変わらないなって、推しが思わせてくれるようになったんですよね。推しのおかげで少しだけ自分のことも好きになれてきた。

 

自分のことを好きになれると、推しや推し事に対するモチベも変わるんですよ!知ってました?

きっとオタクのモチベとか笑顔とか、きっと推しにも伝わると思うので、そうやってるんるんで会いに行くと推しもるんるんになれたらいいなとか思って。

そうやってできるだけ推しのモチベを上げてあげたいなって思って。

いてくれるとモチベ上がるお客さんっているじゃないですか?いないかな?接客業甘党はいます。烏滸がましくもそうなれたらいいなあって。

そうなるために何が正解なのかは分からないけど、できる限りのことをしたい。

お手紙に好きなところ、芝居の感想、といいところだけたくさん書きたい。

SNSでもちゃんと反応したい。

いつも笑顔で推しに会いに行きたい。

いろんな人に推しを知ってもらいたい。

推しのことを決めつけない。

あとはやっぱり見た目大事にしたい。

推しも男だから、多少なり見た目がいいオタクの方がいいでしょ、知らんけど。

顔面の造形美は整形せんとどうにもならんので許してほしいけど、最低限はできるじゃん。

肌のお手入れして、髪も清潔にして、服もプチプラでもいいから自分に合うものを着て、ダイエットして。

それだけで顔が悪くてもかわいいって思えると思う。面食いならともかく。

そして現場ないから上にあげたことでできることって「いろんな人に推しを知ってもらうこと」と「見た目」くらいなんですよね。やっと本題。

私は3日坊主なので、ブログに書いて宣言して逃げ場を無くそ☆と思ってこれを書いてます(前置きがクソ長い)

 

~1ヶ月でできそうなこと~

▼ダイエット

ここ3ヶ月くらいずっとサボってる筋トレを再開します。

冬遠征立て込んでて各地でおいしいご飯を食べまくったおかげで、昨日久しぶりに体重計に乗ったら3ヶ月前より2キロくらい増えてた。そりゃそう…。

推しのFCの筋トレ動画も増えてきたので、推しをパーソナルトレーナーにして筋トレがんばります。

あと間食は止めるけど、ご飯は特に我慢しない。

できるだけカロリーは気を付けるけど、ガチダイエットしてたときみたいに「たんぱく質取らなきゃ…」つって延々豆腐とササミ食べ続ける、みたいなのはしないです(笑)

推しみたいに体づくり必須な仕事でもないし、どちらかというと体力の方がいるし、食事制限って一定超えると減らなくなるし、戻したら体重もすぐ戻るから…。

目標何キロ!とかじゃなくて、「1ヶ月でゆるダイエットでどれだけ減るかな」くらいでやります。

毎日体重計乗る。

 

▼スキンケア

ちょっとサボりがちだった!最低限しかしてなかった!反省!

家に帰ったらすぐ化粧落として、洗顔して、洗顔終わったらすぐ導入化粧水→化粧水→パック→乳液しようね!!

 

▼ネイルケア

仕事してるときってなんであんなに爪パキパキ折れるの(怒り)

爪がきれいなだけでいろいろやる気にならない?甘党はモチベが上がります。

現場ないからって汚い爪でいないようにしたいなって。

あと私のやり方が悪いのか、普通のセルフネイルだと1日しか持たないんですよね、普通のネイルファンデレベルでも。

だから余裕があればジェルネイル勉強しようかなあと思ってます。これは今月中にやるかわからんけど。

 

▼生活リズムの改善

仕事柄これが一番大変かも。

日付変わって寝る事が多いから、せめて1時までには毎日寝るようにして、休みの日でもなるべく早起きしたい。

 

▼断捨離&節約

オタクは常に金がないし物で溢れかえっている。

ずっといろんな界隈でオタクしてきたので言えること。

「いつかいるかも」の「いつか」はほぼ来ない。(諸説あり)

自担関連のものとか、服とか、バッグとか、靴とか。

あとこの前たまたま推しじゃない俳優さんのツイキャス見てて、その俳優さんがミニマリストで仰ってたことで

「”欲しい”と思ったときが本当に必要なとき。このご時世欲しいものは大体いつでも買えるから、一回捨ててもまたいるってなったときに買えばいい」(意訳)

ってのが刺さって「断捨離しよ」ってなりました。

これは本の話をしてるときだったかな、でも何に対しても言えるなあって思って。

それこそ本とか、化粧品とか、服とか。

「いつか読むかも」「いつか使えるかも」「いつか着るかも」って置いてるもの多いんだよな~~~。

オタクグッズもそう。いつか見返すかもって思って置いてる雑誌はほぼ読まない。

そして売れそうなものは売る。

「発送めんどい」とか「売っても大した金額にならないしな」ってめんどくさがらない。個ブロ代くらいにはなるやろ。

そしてどうしようもないものを捨てる。1ヶ月でできるだけやるぞ!

 

こんなもんかな~~~~。

普通のことなんだけど、ものぐさオタクにはそこそこハードルが高い。これでも下げた。

常々言ってるんですけど、私は自分に自信がないオタクです。

でもその分自分に対するハードルは低いんですよ。

こうやって人並みの生活する!って宣言して、それが達成するだけで「私偉いじゃん!」って自画自賛して自信に繋がる。燃費いいな。

そしてこれの何が推し事に直結するかというと、自分のモチベなんですよね。

前一回なんかで言ったけど、私は現場に行くとき「今日の私最高!」って気持ちで行きたいんですよ、自信がないオタクながらも。

服とかバッグとか靴なんかは買ったらいいけど、それに見合える自分になるのは一朝一夕じゃできないじゃないですか。

「あれ着たいけどもう少し痩せた方がきれいに着れるな」とか「化粧ノリ悪いなちゃんとスキンケアしておけばよかった」とかでテンション落ちるの嫌じゃないですか。

だから少しでも人並みに近づいて、現場当日モチベあげていきたい。

そしてそれが推しにとっても、少しでもモチベの上がることに繋がればいいな~っていう自意識過剰宣言ブログでした。

もうなんか目が滑り始めたので途中で下げたらごめんなさい。

 

 

なんかちょうだい。

marshmallow-qa.com

 

*1:めっちゃイキってる。読み返すの恥ずかしい

云年ぶりにテニミュを浴びた

あけましておめでとうございます甘党です。
いや遅すぎか。気づいたら2月も終わろうとしている…
 
珍しく感想ブログなどを。
甘党先日友人に招待いただいてテニミュを観てきました。
ミュージカル『テニスの王子様』全国大会立海戦後編ですね。
 
まず感想を始める前に甘党のテニミュ遍歴を。
 
・2.5を知ったきっかけはテニミュ1st
・青学4代目がおれの青学
・ただし茶の間
・最後に行ったテニミュが2ndドリライ
・元原作オタク
 
当時はまだ『2.5次元』なんて言葉はありませんでしたが、私がこの界隈を知ったきっかけはテニミュでした。
学生の頃ニコニコ動画で空耳が流行ってたんですよね、それを友人に見せてもらったのがきっかけ。(歳バレそう)
そもそも原作のオタクだったので舞台化することはずっと知ってたけど、学生だったし東京なんて外国レベルで遠い地だったので現場に行けるわけもなく、当時は実写化、それも舞台なんてという風潮が強かったこともあり、始まった当初はスルーしてました。
そんな中空耳きっかけで映像を漁り、バクステで俳優さんたちが素の姿でわちゃわちゃしてるのが可愛い~ってなって気付けば現場に行っていた。軽率なおたくはこれだから。
と言っても1シリーズ1公演行けたらいいかなって感じ。
当時の推しはもう既に卒業していたし、まあそもそも本業(?)はジャニオタだったのであまりそちらにお金をかける余裕もなく。
息抜き程度で友人とふら~っと遊びに行き、気付けば1stが終わり2ndも行ったんですが、原作の推しを演じてる役者さんと自分の年齢が一緒になってしまったのをきっかけにテニミュから去りました。
やっぱり原作>ミュだったので、たとえ実年齢は何年も前に通り過ぎてるとしても先輩たちが先輩じゃなくなったのがなんだか受け入れられなかったんだよなあ。
テニスオタクあるあるだと思うんだけどな…不二先輩は永遠に不二先輩*1じゃん…?
 
そんな茶の間オタク、ひょんなことから3rdを観劇。
全然そんな予定はなく、推しの現場行くために前乗りしてて1日暇だったから「誰か暇な人いない~?」と声をかけたら気付けばTDCにいた。
まず率直な感想。
 
テニスって楽しいじゃん………
 
えっ…すごい…テニミュすごい…めちゃくちゃ楽しかった…!
私の知ってるテニミュじゃなかった。
茶の間してたオタクの戯言だと思って聞いてほしいんですけど、当時テニミュって「若手俳優の登竜門」って言われてたじゃないですか。
その名の通りで、正直ストーリーとキャラクターの再現度が最優先で、俳優さんの芝居、歌って二の次だと思ってたんですよね。
テニミュで舞台デビューの舞台俳優ばかりで、もちろんそこから成長していろんな舞台に立ち、今ではめちゃくちゃ有名になってる俳優さんもいるから、別にそこは悪いところではないと思ってた。
実際空耳が流行るほど役者の滑舌は悪かったし、誰かが歌えばコメントで「ズコー」されるくらい。
今のテニミュそんなこと一切ない。
みんな上手ね…そりゃ力量差はあるにしろとびぬけて下手みたいな子全然いない。
何より阿久津仁愛くんなんだあれ。バケモノか…?えっ…19歳…?嘘でしょ…?
私初めてテニミュで泣きました。芝居的な意味で。
卒業シーズンとかで泣いたことはあるにしろ、ストーリーの中で泣いたの初めて。
阿久津くん演じるリョーマが暗闇で彷徨い、「僕は誰?」と歌いながら、暗闇の中蹲ってしまう。あのリョーマ見て泣いた。
そこにさあ…森山栄治さん演じる南次郎ですよ…森山さんが南次郎やるって知ってたけど、1stの女、エモさに無事死亡。
森山さんの「リョーマ…テニス、楽しいか?」で決壊。なんて優しい南次郎を演じるんだあの人…。
立石俊樹くん演じる幸村も彼の立場や超えてきたモノを考えるとつらくてつらくて。
どっちも負けないで…って思った…。
立石くんの幸村も、私は歴代幸村の中で一番好きでした。2nd見てないけど。
 
他校の子たちを演じる俳優さんの力量もすごい。
全然詳しいことは知らないんだけど、今の青学の子たちはテニミュが初めての子が多いんですよね…?
それに対して立海やライバルズたちは、初めてテニミュの舞台に立ったのは全国大会前の子たちばかりで、初めてのテニミュを終えてから、他の舞台にたくさん立って場数を踏んで全国でここに戻ってきていて。
実際別の舞台で観たことある人、推しと共演していた人もいて、そういう役者さんの別の芝居が観れたのも本当に楽しかった。
ほんっとみんなうまい…「あの子の別の芝居も観てみたいな」とか「前編で試合みたかったな~~!」とかテニミュで思ったの初めて。
そんな子たちが青学と戦うのはある意味激励にも見えて。
もちろんみんなライバルだから誰が上で下でとかはないと思うんだけど、いろんなところで頑張ってきた役者さんたちがまたテニミュという板の上で集まって芝居をするというのがグッときました。
 
いや~~~~いろんな楽しみ方ができた。
原作のオタクとして、元テニミュのオタクとして、俳優のオタクとして。
「いいものを見せてもらった…楽しかった…」ってワクワクが止まらないまま劇場を後にしたの久しぶりだったな。
今の私は『推しのオタク』だから、推しの芝居が観たくて通っているので、作品丸々楽しかった!!って思うのってなかなかない。
推しの芝居に比重が傾いているから、作品に対して100楽しかったって思うの難しいと思うんですよね。舞台観た直後の感想ってまず「あ~~~推しの芝居最高だった…!!」だし。
悪いことだとは思ってないし、その為にオタクしてるからどっちがいいとかないけど。もちろん推しが出た作品で大好きな作品たくさんあるし。
いい息抜きになりました。誘ってくれた友人ありがとう。
 
 
そしてテニミュ3rdお疲れ様でした。4thやるのかな。
これからもテニス出身俳優さんたちのご活躍をお祈りします…阿久津仁愛くんの次の舞台行きたいな…推しの現場の遠征予定と相談してもしかしたらふらっと観に行くかもしれない。わからんけど。
 
あ~推しの芝居が観たくなった……早く次の舞台始まらないかな…。
舞台始まるまでは先日届いた推しの主演舞台のDVD見ながら我慢しますね。もう3回観たから早く始まって。
 
 
 
▼書くかもしれないメモ
・地方オタクが舞台全通した話
・(改)手紙の書き方と手紙を書く心得
・周りのオタクとその推し
 
 

*1:不二先輩は好きだけど推しではありません

2019年推し納め。

現場納めてきたけど仕事は納まらない甘党です。

なんか特に書きたいことないんですけど、2019年終わるしなんか書こ。2019年の推し事ゆるくまとめてみよ。って感じ。ゆるい記事です悪しからず。

 

▽1月

紅白から始まり写真集発売イベント。

推しの誕生日前日で、推しに直接誕生日おめでとう!と紅白お疲れ様!を言えたの楽しかったな~!今もめちゃくちゃ伝えたいこと、聞きたいことあるのに接触の予定がない…お手紙に乗せるしかない…来年の誕生日はどう過ごすかなあ。

認知されたてでまだふわふわしてた期。初めてモチベ底辺を味わったけど推しに会うとそんなんどうでもよくなるんだな~!って実感したのもこのころだったなあ。

 

▽2月

舞台2つ。

1つは推しがめちゃくちゃ力入れてた舞台。私にとってもとても大事な作品になった舞台。

それまで原作を知らない作品の2.5に行ったことなかったので、初めて原作を履修してから臨んだ舞台だったな~めちゃくちゃ原作長いので大変だったけど、今ではすっかり原作も好き。

あとから知り合った仲良しさんに「推しくん、この作品に対してこう言ってたよ~」って教えてもらってより一層好きになった。

推しが大事だなって思う作品・役を共有できる喜びを知った作品だな~2期楽しみ!(気が早い)

もう1つはゲスト出演で爪痕残すどころか伝説残していった舞台。

一個前の舞台と内容も役も推しのテンションも天と地の差で風邪ひくんちゃうかと思った。ゲストだからって手を抜かない推し。好きです。

共演者のおたくの友人(推し初見)に「推しさんってあんな人だったの!?」と言われてにんまりした記憶。

推しが暴走してるところを見て他担がギャップに驚くの見るのが好きです。

 

▽3月

リリイベ。

2作目はどれも好きだなあ。

推しがこのジャンルでアー活することになってこのジャンルの音楽に初めて手を出して、自分の思っていたような音楽じゃなかったことに衝撃を受けて、今ではちょろちょろといろいろ手を出してみている。

上であげたように原作知らない2.5に出てくれてその作品自体を好きになるように、推しと出会ったことによって私の世界がどんどん広がってる。

この歳になっても知らない事ってたくさんあって、推しがいろんな世界を見せてくれるのが楽しいって思い始めたのもこの辺かもしれない。

人生で初めてCDを積んだのも推しです。

そして忘れもしない手紙勝手に認知事件もここ。いまだによくわかってない。

一生手紙とガワが一致されたくなかったおたく、この辺から自分の中の推しのおたくとしての在り方が迷走し始めた。

 

▽4月

リリイベ。

推しとゲストさんのライブがあって、推しが心の底から音楽を楽しんでる様を見て好きだなあって思った記憶。

それまでは推しのアー活について特別思うこともなくて、ちゃんと実績出してるし推しが好きなジャンルでできてるならまあいいかなあって思うくらいだったんだけど、この頃のインタビューで『一度仕事で音楽を嫌いになった』って言ってた推しを見たあとだったので、推しがまた音楽を好きになってくれて、楽しくアー活してるのを見て応援しようって思ったんだよなあ。

それでも『アー活はあくまで芝居に持ち帰るため』と言ってくれてるのでより一層応援しようと決めた。新曲まだかなあ!

あとこのとき初めてループの最後を目の当たりにして自分はああなるまい…と心に決めた。

積むおたく、鍵締め狙うおたく、気持ちは解らなくもないけど、なんか、私にはできないなあって思って。

年明けから突っ走って仕事つめつめだった推し、もうこのころには結構疲弊していて。それを圧してまで推しに接触を求めるのってなんかなあって思ったんですよね…。

積むおたくは純粋に尊敬するよ。私はよわいおたくなので言うほど積めないし、そういう人がいるおかげで推しの次に繋がるのは分かってるので積む同担にはまじで心の底から感謝してる。ただ、私にはできないなって思っただけ。

そのあと推しは推しの仲良しさんとお仕事で海外に行きました。リフレッシュできたみたいでめちゃくちゃ安心した。

 

▽5月

舞台。ストレート。

めちゃくちゃ好きだった………。

私は推しの、見た目にそぐわない繊細な芝居が好きで好きで。

仕草や表情の細やかな動きがとても好きなんですよ…。

負の感情の芝居が最高なんです、推し。

最初キャスティングされたときは「その配役になんで推し?」と思ったんですけど、蓋開けて納得しました。選んでくれてありがとう……。

推し、憑依型なんですよね。

結構その時々の役に私生活侵されがち。って自分で言ってた。

だからだと思うんですけど、この作品の私が一番好きなシーン、ちょっとずつアプローチが違っていて。

大きくはもちろん変えないんですけど、その日の気持ちの乗りようで変わるんだろうなあって思って…とてもすき…ってなった舞台でした…(語彙力放棄)

作品自体も私の趣味にドンピシャストレートで、大好きな作品になりました。

あとでDVD見よ。

 

▽6月

推し初主演舞台。

自グループのコンサートですら全通したことなかったのに、人生初全通を捧げました。

上司と仲良くしておいてよかった…有給もぎとりました。

初めてお花を出したのもこの作品。

W主演だったけど決まったときは仕事中に泣き崩れるくらい嬉しくて。

いろんな初めてを捧げたなあ。全部自己満だけど。

こちらも同じくストレートだったんですけど、5月の舞台とは全然毛色が違って。

爆笑の嵐。推しがパンツ被るのをドセン最前列で見る日が来るとはな!

毎日楽しかった。

本も好きだし、キャラクターも好きだし、劇団の人も好きだし、ロビーも遊び心に溢れていて。

普通に劇団のファンになりました。また公演観に行きたい。

私はとても楽しかったんだけど、推しは多分大変だったんだろうなあとは今でも思ってる。

「楽しかった」「終わって寂しい」とは言っていたけど、この作品に対してではないけど別のところで「笑ってもらうのって難しいし倍体力も頭も使う」みたいなこと言ってたし、SNSの更新もクソ少なかったし、絶対しんどかったんだろうなって思う。

でも昨今”若手俳優”として売り出されている役者の中じゃあ絶対推しにしかできない公演だったし、こういう推しにしかできないって思ってもらえて出してもらったんだろうなあって感じて、推しのことちゃんと見てくれてる人がいるのも嬉しかった。

2月のゲスト舞台と一緒で、招待した友人全員が爆笑してくれて「推しさんあんな人なの!?」がたくさん聞けて楽しかった。

 

▽7月

現場ひとつもなかった。ただし推しは撮影ラッシュ。

私何してたかな…6月の舞台ロス拗らせてたのは覚えてる…。

 

▽8月

写真集発売イベントとトークイベント。

写真集イベでめちゃくそ甘やかされた。この辺からなんか推し私のことよく甘やかすようになったんだよな…?何がきっかけかはわからない。

ただ推し7月の撮影ラッシュでめちゃくちゃ痩せてて疲弊していて、私までしんどくなってお互い心配しあうという謎接触。今考えたらおもろい。

写真集自体もとても好き…

1冊目とはテーマも何もかもが違うんだけど、推しの無限の可能性感じた1冊。すごくない?私の推し、なんにでもなれるんだよ。

仲良しさんに推しつけて感想もらったのがとても嬉しかった。

トークイベントの方は推しと仲良しの俳優さんばっかりとの共演で推し大暴走。

推しのイベント行くと決まって終わった後酸欠による頭痛を起こす…笑いすぎてしんどかった…。

楽しそうな推し見れて嬉し~ってなったし、「あ、私大切*1にされてんな」って思う出来事もあり、多分この辺から『推しのおたく』としてどうあろうかってのが定まってきた。

 

▽9月

舞台とイベント。そして自担の脱退(笑)

いや推しの舞台初日に自担脱退報道っておもしろすぎ。ウケる。

メンタルぐちゃぐちゃのまま公演に臨んだけど、推しは最高だったしお見送りでもちゃんと笑い合えたので良し。

イベントの方は推しと3都市行脚して、推しと初チェキ*2も撮れて、楽しくお話できて、やっぱり甘やかされて、イベントもめちゃくちゃ楽しくては~~~幸せ!って気持ち。推しの仲良しさんとのイベントとても好きなので第三弾待ってます。

 

▽10月

ノー現場。

現場自体はあったんだけど私が干した。

推しを推し始めて初めて現場を干しました。字面がおもろい。

多分9月のイベントまで、気付かない内に多少の義務感を持って推し事してたんですよね~私。

推しからも、周りのおたくからも浮きたくなくて、結構擬態頑張っていた。

私は地方のよわいオタクで、ほぼ毎現場いるとは言え全通なんてしないし、入る公演数もおまいつたちには全然敵わないし、積む数だって知れてる。

そんな私でも推しはちゃんと私のこと自分のファンのひとりとして認識してくれて、大切にしてくれてってのを実感して、義務感から解放された。

私がされたことなんて本当に大したことない。

昔からいる同担だったら絶対経験してることばかりで、私はやっとそこに仲間入りできたようなもんだけど、それで十分だって思えた。*3

推しはとても自分のファンに真摯で。

”自分のファン”という大きな括りにちゃんと言葉にして感謝と愛を伝えてくれる一方で、個々にはこう、ねちこく愛をくれるというか…(言い方)

信頼されているんだと思う。「家族」っておたくのこと表現するくらいなので。

それをね~~~~やっと実感できたんですよ…

遅くてごめんね推し…いかんせん自分に自信がないおたくなので…。

だから、仕事も休みもぎとれなかったし、チケットも先行で外れたので、いっかなあって思って、干しました。

私が行かなくても埋まるものに力入れなくてもいいかなあって思って。

その分、次いつ主演が決まるか分からないし、金かけたい!って思えるお仕事に出会えたときに温存しようかなあと思って。

甘党、取捨選択を覚えた10月でした。

 

▽11月

とかいうてたやん??????????????

11月末から始まった公演でクソ干されて病み散らかした。

なに…私が干したから仕返しなの…?(絶対違う)

1年前の悪夢がよみがえったけど、遠征楽しかったしご飯美味しかったし公演自体も楽しかったので総評楽しかった~!

 

▽12月

トークイベントと個イベと舞台。

とかいうてた11月と打って変わって12月に入った瞬間また甘やかされ始めたのでもう私は推しのことがよくわかりません。結局なんだかんだでやっぱ好きってことしかわかりません。イッツマイソウル。

簡潔に言うと、トークイベント座席の人権はないが推しが最高、個イベ幸せの絶頂、舞台死ぬんか私…という感じ。

個イベの話すると100%「えっ…推しさんこわ…何…こわ…」って言われたよ。わかる。推し怖い。それなー!

幸せでぽやぽやしながら地方公演行ったらファンサもらえたよ~~~~~推しからの(役として)人生初ファンサだよ~~~~~しかももう若手俳優のおたくしてたらおたく冥利に尽きるファンサをもらえたので死んでもいい…。

でも正直、今やってる公演、推しがあまりにも体力的にしんどそうなので早く終わってほしい…。

めちゃくちゃ楽しんでるなってのは分かってるんです。

推しは全体的に最高のパフォーマンス見せてくれるし、ジャニ行くことなくなったのでペンラとうちわ持てる現場最高に楽しいし、今でも早く浴びて~~って思うくらい楽しい現場なんです。

推しもカンパニーが好きで、楽しい、幸せな時間って言ってるのも聞いてるので、よかったね~~~って思うんですけど、公演中推し、倒れるんじゃないかって思うくらいしんどそうなときがあって。

推し定点カメラしてたから気付いた事であって、他担さんは絶対気付いてないしもしかすると同担だって気付いてないかもしれない。パブサしても引っかからないし。

振りで膝付いて顔伏せて待機、みたいなときに肩で息してそのまま倒れるんじゃないかってときがあって。近くで待機してる共演者さんも心配そうに見てるし。

でも顔あげたら私の勘違いだったのかなってくらいちゃんと役してて。

ソロがなくたって、カメラに抜かれなくたって、最高のパフォーマンスを見せてくれて。

推しのそういうところがかっこよくて大好きだよ~~!!!って思う反面、そんなにいんどいならもうやめてもいいんだよ~~~!!!とも思うけど、おたくにはどうしようもなくて。

色んな感情がぐちゃぐちゃになって涙が出てきてペンライト振るのも忘れて泣きながら推しガン見してたらこっち見てくれてにこってしてくれたけど、違うんだよ~~~~~感極まって泣いてんじゃないんだよ推し~~~!!!!

次の公演で疲労回復グッズをあげたい…何かオススメありますか……よかったら教えてください…。

 

 

 

いや~~~~~~濃い1年だった。

でもまだ推し始めて2年も経ってないんですよね。

この前友人と1年の振り返りをしているときに「え…?まだ2年も経ってないの?意味わからん」って言われた。

この濃さって多分オタク人生賭けて少しずつ経験していくようなものなんだろうな本来って思います。

でも私が今こうやって推しのいちおたくだと胸張って言えるようになったのは、推しがひたすら頑張ってくれたおかげで。

個イベで言ってた。「2019年は楽しいだけの年じゃなかった」って。

その真意は分からないけど、本当にずっと働いていて、手紙でもしょっちゅうご自愛ください言うてたし、しんどそうな推し見るたびに半泣きになってた。

私はいちおたくだし、まだまだ新規だし、推しのすべてを知ることはできないし、多分推しもそういうところは見せてくれないだろうし。

もっとこれから推しと年月を重ねていけば分かるのかな。いやきっとずっと分からないんだろうな。分かったふりするような自意識過剰にもなりたくない。

でもそれが楽しくて、時には悩むけど幸せなんだろうな。

 

 

何言われたって、推しが楽しく板の上に立っていてくれたら私はそれでいい。

推しからの言葉をひとつひとつ大事にしていきたい。

推しが見せてくれるものを楽しんでいきたい。

 

来年からはゆるおたになると思うけど、私なりに推しを応援できたらいいなあって思います。

推し、1年ありがとうございました。

最後の出陣もかっこよかったよー!またお手紙書くね!

 

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 ましまろ。疲労回復グッズ教えて下さい。

marshmallow-qa.com

*1:もちろんおたくとして

*2:チェキは初。ツーショは今まで何回かある

*3:同担事情知らんけど

同担事情とマシュマロ返信

推しの新しいお仕事が決まり最高にハッピーな甘党です。

 

唐突ですが甘党、ときどき「同担ちかよらんといて」って言うけど、完全な同担拒否ではありません。

というのも”同担拒否”って最近意味が多岐にわたっている気がして。

多分元々の意味としては『推しくんは私のモノだから私以外の女は近寄らないで!』って感じのリアコ系の意味で使われ始めたんだと思うし、一般的に”同担拒否”って聞くとそういう意味合いで取られることが多いと思う。

別に私はリアコではない。

でも好き好んで同担と関わりは持ちたくない。

なぜかというと理由は大きく3つあって

『解釈違いを起こすのが怖いから』

『推し事の中で自分と推しの間に他のおたくはいらないから』

『自衛』

ですね。

 

まずひとつめに関して。

このブログのエントリをよく見てくださってる方は分かると思うんですけど、私推しに対してガチガチに理想という名の解釈を持つタイプのおたくで。

それはこのブログに登場する推しだけではなく、Jの自担、二次元の推しキャラに対してもそうなので最早本能とか習性とかそういうやつだと思う。

”好き”に意味を持ちたい。

心を揺さぶられた理由を知っておきたいんですよね。

”好き”って思うその瞬間、自分が自分じゃないみたいになりません?

脳みそ年齢2歳くらいになったり、心臓がぎゅって苦しくなったり、悲しくもないのに涙が溢れたり。

推しという人物*1に自分が侵されてるような気がして。

私はそのまま”好き”を享受するだけ享受して、自分が自分じゃなくなるのが嫌で。

それに「どうして好きって思った?」「何に感動した?」って理由をつけて、冷静になるタイプです。

だから推しに良対応されようと「自分だけじゃない」「これはファンサ」「でも嬉しいもんは嬉しい」って完結してリアコだとか害悪にならずに済んでるんだと思う。

…これ書いてて思ったけど、享受するだけのおたくが所謂『お花畑』って呼ばれるのかな。

で、その理由を追求するためには『推しという人物』を知っておかなきゃならないわけで。

でも本当の推しを知ることはいちおたくには不可能に近い。

だから自分の見える範囲の推しを知って、その中で自分の推しに対する解釈をガチガチに固めちゃうんだと思います。

もちろんそれを誰かに押しつけたりはしないし的外れな解釈もしてないつもりだけど、なぜか私は同担と解釈違いを起こすことが多い。

推しが褒められてるのを見るのが好きなので、推しの名前でパブサするのが趣味なんですけど、そのときに見かけるオープン垢の同担さんとは大体話合わなさそうだなって思う。

見た目の話しかしてなかったり、推しのこと基本『かわいい』って言うタイプの同担はまず解釈不一致。

推しは『かっこいい』だろうが!!!!って思ってスルーする。

そういうざっくりしたところから芝居の細かいところまで、少しでも差異が生じると「無理…」ってモヤる。

そのモヤによって心の平穏が侵されるのが本当に嫌いなので、できるだけ知らない同担とは関わりたくないなって思うんです。

でもその分解釈合う同担大好きなので、すごい推しの芝居の好きなところを褒めてくれる同担さんを見つけたときは自分から凸りました。今でも仲良し。

 

そしてふたつめ。

一見いやこれリアコちゃうんかいって感じの理由ですけど、そういう意味じゃないんです。

推し事って『推しと自分だけの問題』なんですよね、私にとって。

舞台観るときは私は推しを観に来てるんであってそこに同担はいらないし、接触なんか推しと2人*2でお話する時間なのでもっといらない。

そりゃ同担いないと推しは仕事できないし、私よりたくさんCDやら写真集やら積んでいつも全通してる同担がいるから推しの仕事が増えてるわけだし、私よりずっと前から推しを応援してきてくれた同担がいるから今私は推しと出会えてるので、そういう意味では本当に心の底から同担には感謝してる。まじでありがとう。

新規のおたくでも推しに興味持っていろんな舞台きたり、接触行ってみようとか思ってきてくれたりするのは大歓迎。推しのおたくもっと母数増えろって思う。

でもそれとこれとは話は別。

私が一番特別対応されてるなんて夢にも思ったことないけど、同担のファンサ事情*3知らなければ実質私が世界で一番幸せだし、たとえ同担とプレ被りしててそれを推しがローテで愛用してくれてるとしてもそれを知らなければ推しは私のプレずっと愛用してくれてると思いこめる。という暴論。

それがリアコ思想とか害悪行為に繋がるなら話は別なんですけど、自分で言うのもなんだけど私は弁えてる方だと思ってるので、それでちょうどいいんですよ。

偉そうにいろいろ今まで語ってきてるけど!!!!!!!!!私別に聖人君子ってわけじゃないので!!!!!!!一切嫉妬しないって方が無理で!!!!!!!!!!!!!

リアコじゃないけど仮にも推しは『好きな男』なので!!!!!!!!!

稀にいる可愛い同担見ると「かわいいな~~~!」って思うと同時に辛くなるよ。

あと、自分のことスルーして目の前のDD同担にファンサしていったらさすがに殺意芽生えるやん?*4そういうこと。

私よりいい思いしてる同担は山ほどいるだろうけど、それを知る必要性ある?いや、ない。

私の推し事の中にそれはいらない。

推しと私がいればハッピー。それが私の推し事。

同担の事情を知ってしまうことによってどんよりしちゃう自分が嫌なので、同担とは繋がりたくない。

 

そしてみっつめ。もうこれはまんま。

Jのときも多少あったけど、若手俳優おたく界隈ってより閉鎖的じゃないですか。

害悪行為をしてる人ならまだしも*5、ただの嫉妬・逆恨みで叩かれたり。

私の周りでそういうの何回か見てるので、そうならないためにもあんまりコミュニティ広げない方がいいかなと。

根も葉もないことが変に広まったりするし。

別に私自体は推しに顔向けできないようなことはしてないつもりなので、おたくに好き勝手言われるのは別にいいんですけど、それが嘘なのに万が一推しの耳に入ったらやだな、と。

私が推しのすべてを知らないように、推しはもっと私のこと知らないから、その嘘を信じちゃって嫌われたら一生恨む。

私が推しに直接変なことしてオキラになるとは話が別。

というか嫌われたくなくて細心の注意を払って推し事してんのに知らねえおたくに私と推しの邪魔をされるとか意味わからんやん。呪うぞ。

 

つまりね、推し事してるときに負の感情を抱くのがいやなんですよ。

それが推し原因だったりしたらしょうがないしそれも一種の推し事だと思うんだけど、”同担”という自分と同じ立ち位置にいる人物によって生じるのがいやで。

だから心の平穏のために同担とはなるべく関わらないようにしてる。

さっきも言った通り同担の友人はいるし、名前もアカウントも知らないけど現場で会ったらお話するくらいの同担もいるから完全に同担拒否ってわけじゃない。

でも便宜上、都合がいいから『同担拒否』って名乗ってたりもする。

多分最近の同担拒否名乗ってるおたくってそういう人が多いんじゃないかな。

元来の意味ではなく、便宜上。

 

でも嫌いな同担もいます。それは茶の間。おめーらはむしろ同担として見ねえ。

「行けないけど応援してます」→来い

「東京ばかりじゃなく○○にも来て」→おまえが来い

「交通費が高くて行けない」→陸続いとるだろうが海越えてから言え

「時間が合わない」→何か月前から告知してくれてると思っとるんや都合つけろ

「チケット買うお金がない」→そのアイコンのグッズの山はなんや

えー!嫌い!おまえらは拒否!

それぞれ事情がある?知るかそんなもん。

推しに金落とさないおたくは同担として見ませーん。あ、推しのフォロワーといいねとリツイート増やしてくれてることにだけは感謝しちゃる。

 

…めっちゃ煽ってしまった。

だから別に同担は拒否っていうほど嫌いじゃないけど、気にはするよってのが私の同担事情。同担の存在気にするなっていう方が無理。

特に私職業柄顔覚えるのがめちゃくちゃ早いので、おまいつとかすぐ顔覚えちゃう。

ぱっと視界に知ってる顔が入ると、「知り合いか?」と思って見ちゃうじゃん。そしたら向こうとも目が合っちゃって、アッ…ごめん…って気まずくなることあるんですけど、別に睨んでないからねー!

現場で声かけられたら多分普通に楽しく話はするけど、そこからSNS繋がろう!って言われてもそれは拒否。

SNS上で気が合うな→現場で会うはできるだろうけど、そもそも鍵開いてる同担はほぼ解釈違いだし、私も鍵開けてるアカウントほぼないので繋がるすべもない。

私はこのまま最低限の同担との付き合いで推しのおたくしていくんだろうなあ。

それが一番心が平穏だから全然いいんだけどね。

 

 以下マシュマロ返信!ありがとうございます!

 

f:id:re_amato:20191107211016p:plain

 

初めまして!マシュマロありがとうございます!

モブになりたい同意いただけて嬉しい…認知って嬉しいし幸せなんですけど一種の呪いみたいなとこありますよね…。

推しがこっちのこと分かってる分、弁えなきゃという意識が強くなるというか…推しの目をどうしても気にしてしまう。推しも俳優である前に人間だもの…。

.5俳優だとキャラ推しの方が幸せそうなのはこういう所かな、と思います。

こんなに推しのことで悩んでるのに!って思っちゃうこともなくはないですけど、そう思えるほど推しのこと好きなんだなあと思って、推しには”いいおたく”を演じるしかないですよね。

マシュマロ主さんもいっぱい悩んじゃう人なんだろうな!わかります!

それに疲れたらいつでもマシュマロ投げて下さい!もぐもぐします!

一緒にいいおたくになれるよう頑張りましょうね!ありがとうございました!

 

f:id:re_amato:20191107211922p:plain

 

こんにちは~マシュマロありがとうございます!

プレと手紙バラバラになるのは絶対ありますよね!私も最初は『私から』って分かって使ってくれてるだろうけど、何回も使ったり日が空いて使ったりするともう贈り主が誰かは覚えてないまま使ってるんだろうなって思ってます。だからこっそり「わいた~~~!」してます。

私ならもう少し服チャレンジするかも。それこそ推しよりマシュマロ主さん好みで贈ったなら、次はもう少し推し好み寄りにしてみるとか、2,3回服チャレンジしてそれでもダメなら別のものに切り替えますかね!その辺は俳優さんにもよりますけどね…!私の推しもよく同じ服着てますけど、頻度はともかく服は一通り着てくれてるかも。推しほんとなんでも使う。

オススメプレ…やっぱり稽古で使えるものですかね~推し、役者だし!あと写真が上がる頻度も稽古中のやつが多かったりするので、使用も確認しやすいですよ(にっこり)

黒歴史!なんだろう!今思い出しても死にたいなって思うのは、握手会のときに言いたいこと吹っ飛んで推しと見つめ合ったのちに「何言おうと思ったのか忘れちゃいました……」って半泣きになってしまったことですかね…死にたい…クソかよ…そういう時に限って推し、話題振ってくれないし…(逆ギレ)

推し優しいので「次言って!」って笑ってくれましたが、ただのキモオタやん…言いたいことはちゃんと考えていこうね…。

 

みなさんの黒歴史募集してます(コラ)

marshmallow-qa.com

 

▽書くかもしれないメモ

・現場に行くときの心得

・地方おたくが舞台全通にかかった費用

・周りのおたくとその推しについて

 

*1:ここでは仮に人物とします

*2:たまにマネさんおるけど

*3:ここでは接触も含む

*4:実話

*5:それをいちおたくが制裁しようとするのもちょっとどうなのって思うけどまたそれは別の話

モブになりたい(+マシュマロ返信)

口内炎痛くてキレそう…甘党です。

タイトルの『推し~』しばりやめました。 めんどくさくなった。

 

前回の記事にておねだりしたマシュマロ*1、たくさんいただきました!

ありがとうございます!

 

f:id:re_amato:20191104001237p:plain

 

モヤってたこと全部解決してくださった…ありがとうございます!

やっぱりファンサ論ありますよね~というか大体推しがプレ使ってくれる理由は『単純にそれを気に入ったから』か『いつもありがとう的なファンサ』かそのどちらもの場合だと思ってるので、やっぱり今度のお手紙でちらりとお礼してみようと思います。

マシュマロ主さんの様に、頻度、具体性には気を付けて一種の推しとの交流時間にしたいと思います。ありがとうございました!

 

f:id:re_amato:20191104001648p:plain

 

こちらこそご拝読ありがとうございます~おそらくなの?別に同担でもいいですよ?(何アピ)

こちらのマシュマロいただいて気付いたんですが、私の場合、”推しが”使ってる様子を写真にあげてくれるわけではなく、”共演者やスタッフ”があげた写真などに写り込んでて「また使ってんな!?」ってなることが多いんですよね…!?もちろん推しからのアクションもたまにありますが…。

だからお礼することによって「わざわざサーチして使ってる!って気付いたのかこいつキショ」って思われないかなって不安になってきました…推しに限ってそんなことないと思いますけど…ポジティブなメンヘラなので…(???)

マシュマロに疑問で返すなって感じですが…推しがあげてくれた写真に写り込んでたときだけお礼言おうかな…?気付かせていただいてありがとうございます…。

SNSはそう!私も前記事読み返して気付きましたけど、鍵開いてるところでは絶対言いません!何言ってんだ私!

重ね重ねありがとうございました~マシュマロ主さんも楽しい推し活してくださませ!

 

f:id:re_amato:20191104001206p:plain

 

はじめまして!ありがとうございます!

過去の手紙など見返して過去の自分にぞっとする…あるあるですね分かります…最初は手探りやったんや…許せ推し…って気持ち…。

推し事のちょっとした黒歴史ってところでしょうか…ただしSNSと違って推しに送った手紙は消せないし直せない…まあ物理的に消されてるでしょうが…。

やっぱり具体性はなしにしてふんわりさらーっとお手紙にお礼書くくらいがちょうどいいですかね!ありがとうございました!

 

f:id:re_amato:20191104002643p:plain

 

ほか3人のマシュマロ主さんのご回答は参考になりましたでしょうか…

認知かあ…確かにプレと認知ってイコールになってるかなってないかでその対応も変わってきそうですね。

認知されてるようでしたら推しからのファンサービスの可能性もありますし、認知されてなくても愛用してくれるなら推しからの何かしらのメッセージの可能性も…?でも認知されてない状態でお礼しても顔知らないおたくからの、それこそ圧になりそう…難しい…。

それでもそういうのも俳優にとっては日常茶飯事でしょうし、毎度毎度というわけでもなくさらーっと簡単に書いてたら「どれか分からんけど喜んでくれたんやな」くらいには思ってくれるんじゃないでしょうか。分からないけど。

 

以上ありがとうございました!

 

ところで話は変わりますが最近私はモブになりたい。推しにとって。

病んでるわけでは決してなくて、むしろその逆で幸せの供給過多?

推して間もなく「認知されたいな」とかそういう概念がない間に認知され、絶対一致してほしくなかった手紙とガワが一致し、特に前方席でも立ち位置でもないイベントでも目線をもらい*2、プレも最近特に愛用乱用してもらい。

これ推しのおたくしてたら全然特別なことじゃないと思うんですけど、10年以上雲の上のアイドル推してきたおたくにたった1年半でコレは供給過多。キャパオーバー。

 

認知の果てに何があるのか。

舞台俳優おたく山の頂上あたりにいる気分*3なので、もうあとは下降するしかない気がしてます。ただし私の山は低いし、その分できるだけ長い間頂上にいたいけど。

下降するにしても転がり落ちるのか自分からゆっくり下山するのか、その下り坂は急なのか平坦なのか。頂上の霧が深くて見えねえな。

…なんだこのポエム。

 

認知されてるのが嫌とかいうわけではないです。

寧ろありがたいし、 認知切れたら多分死ぬ。

オキニにもオキラにもならず、ただただ平穏に推しを推してたい…そんな気分です。

手紙出すけど推しのモチベが上がるだけの手紙を出したいので自分語りはしたくないし推しに変な要求もしたくない。

プレも贈るけど「使ってよ!」という圧はかけず推しが喜びかつ推しが使ってたら私も嬉しい物だけ贈りたい。

現場にも通うけど推しだけ観てたいわけじゃなく”推しが出ている作品”も大事にしたいので、常前方席とかいうわけでもなく、自分で取ったチケがたまたま前方程度でいたい。

接触も行くけど当たり障りない会話で笑い合いたい。推しが私に笑ってくれるだけで幸せだから、要望も言わず時候の挨拶程度で推しが気負わないようにしたいし、何人もの同担が言ってる言葉でも「私がわざわざ言わなくても分かってくれてるでしょ」なんてのは驕りだと思うので、ちゃんと顔を合わせて好きも心配も届けたい。

積みもするけど最低限でいたい。めっちゃ積んでる同担は純粋に尊敬するけど強い同担たちみたいに延々ループしてるようなサマは推しに見せたくない。

でも認知はしててほしいし、プレもちゃんと使って欲しいし、今の状態で十分幸せなので他の同担事情は知りたくないので同担はなるべく近寄らんといてほしい。

本当にモブになりたいなら、現場にはたまにしか行かないようにして手紙もたまにしか出さずプレもやめて接触行くの控えたらなれるけど、それはできない。推しには会いたい。推しの芝居が観たい。

そんな矛盾した気持ちをひっくるめて『モブになりたい』って感じ…。

多分そう、つづ井さんのマンガで話題になった「担降り!」バグ問題と似てる気がする…モブになりたいバグ…。

 

推しのこと好きになれば好きになるほどいろんな推しを見たいし、推しの負担になりたくないし、推しと分かり合えなくて喧嘩する(一方的に)

推しのためじゃなくて自分のためにおたくしてるんだけど、推しのため”にも”おたくしたい。自分:推しがいい塩梅でおたくしたい。

矛盾ばっかりだな~~推し事!!めんどくせ~おたくだな~私!!!

そんな感じで、最近私はモブになりたい。推しにとって都合のいいおたくになりたい。

バグなので1週間後1か月後には全然真逆のこと言ってるかもしれないけど、とりあえず単独記事にするほどでもない吐き出しでした。気が変わったらマシュマロ以外さげるかも。

 

推しのために早起きしたので二度寝しよ。 

 

marshmallow-qa.com

 

 ▽書くかもしれないことメモ

・現場行く心得

・同担の話

・地方おたくが推しの舞台全通するときにかかった費用備忘録

 

*1:推しがプレ使ってくれたらお礼言うか問題

*2:目線はおたくの妄言説、推してます

*3:決してTOになった気分ではない